naoiyoshinobuの日記

直井慶喜の初ブログ日記

ちょこっと変わったユニークな家 直井慶喜

どうも、直井慶喜です。

今日は、あまりお目にかかれない変わった家をご紹介したいと思います。

見た目は変わっているけど、

住人からすると住み心地はいいんでしょうね!

ふかふかの芝に包まれた家

寒いアイスランドでは、高い断熱効果を持つ芝を屋根から壁まで家全体を覆うように生やした伝統的な家が残っています。 詳しく見る»

湖に浮かぶ葦の島の家

ペルー・チチカカ湖に浮かぶ葦でつくられた浮島、ウロス島。この島には約700人の先住民が暮らしていますが、その家もなんと葦で造られています。 詳しく見る»

愛らしい円錐型の白い家

世界遺産にも登録されている南イタリアの町、アルベロベッロは、とんがり屋根に白壁の家「トゥルッリ」が並んでいます。屋根に描かれた白い模様も要チェック。 詳しく見る»

童話の舞台のようなはちみつ色の石の家

美しいイギリスの田舎町、コッツウォルズ地方にある村チッピング・カムデンにはコッツウォルズストーンと呼ばれるはちみつ色の壁と茅葺屋根の家がたくさん残っています。 詳しく見る»

地面に掘られた穴居住宅

映画『スターウォーズ』のロケ地としても知られるチュニジア南部のマトマタは、地面に巨大な穴を掘り、その側面を横に掘ったほら穴型住居(穴居)があります。 詳しく見る»

堅牢な円形の集合住宅

世界遺産に登録されている中国・福建省に残る土と木で造られた巨大集合住宅。起源は古く3世紀に上ります。3~5階建てで主に円形の巨大な建築群は、まるで要塞のよう。 詳しく見る»

泥で造られたメルヘンチックな家

マリ共和国のジェンネは、旧市街全体が世界遺産に登録されています。写真はモスクですが、一般の家も泥を滑らかに塗り固めて造るのが伝統。なんだかアニメに出てきそうなかわいらしい外観です。 詳しく見る»

灼熱の土地で快適に暮らす煉瓦の家

ニューメキシコ州ネイティブアメリカンの集落で見られるアドべ煉瓦を使用した家。外熱を吸収し室内は涼しく保たれるそうです。今でも150人ほどが暮らしています。 詳しく見る»

移動可能な遊牧民の家

モンゴルの遊牧民が古くから暮らす移動式住居・ゲル。ひとつのゲルに1家族が暮らすのが基本で、移動の度に分解して運ぶそうです。日本のノマドワーカーにもおすすめ? 詳しく見る»

快適な施設がそろう水上の家

ブルネイの首都にある約3万人が暮らす世界最大の水上の住宅街。海の上に杭が打って家々を建て、その間を桟橋が路地代わりになって複雑に張り巡らされています。 詳しく見る»

壁のないオープンな家

南国パラオで古くから造られていた伝統的な住居で、主に酋長が暮らしていました。釘やネジを一切使わないで造られ、壁がないため風がよく通り、熱帯でも快適に過ごせます。 詳しく見る»

日本を代表する伝統的住居

富山県にある世界遺産の村落。合掌造りの茅葺の家屋が並ぶ美しい景観が見どころ。豪雪地帯のため、雪が積もらないよう屋根の傾斜が急な合掌造りの家屋が造られたそう。 詳しく見る»

岩の上に造られた引きこもり王の住居

かつてイエメンのイマーム(王)が別荘として暮らしていた宮殿で、高さ50mの奇岩の上に建っています。ロックパレスという名の通り、岩と一体化した5階建ての宮殿は一見の価値あり! 詳しく見る»

世界遺産の海に浮かぶ筏ハウス

静かな湾内に奇岩が並ぶ幻想的な風景を一目見ようと世界中から観光客が集まるハロン湾。その美しい風景に溶け込むように!?、筏の上に家を建てた筏ハウスが並んでいます。 詳しく見る»

断崖をくりぬいた豪華マンション

コロラド州に残るネイティブアメリカンの住居跡。断崖をくりぬいて造られており、クリフパレス、ロングパレスなどいくつかの集落があります。写真はスプルース・ツリーハウス。 詳しく見る»

先祖と家人をつなぐ舟形の高床式住居

インドネシアスラウェシ島のトラジャ族の間に残る家屋。湾曲した屋根と美しい装飾が施された壮大な家屋で、一族が暮らしています。その形は船を模しているそうです。 詳しく見る»

 

 引用 

死ぬまでに住んでみたい!? 世界の不思議な伝統住居 16 [トリップアドバイザー Bucket List]

 

家というのは、地面の上に建てられるものだと思っていましたが、

世界には、地面に穴を掘って家を作る国があるんですね!

どの家も面白いな~!

一軒一軒ホームステイしてみたいです!

直井慶喜