naoiyoshinobuの日記

直井慶喜の初ブログ日記

世界のタバコはひと箱いくら?直井慶喜

どうも、直井慶喜です。

みなさん、タバコは吸いますか?

僕は、吸わないので詳しいことはわからないですが、

最近アイコスっていうタバコが人気ですよね。

今日は、世界のたばこの値段について考えてみました!

近年、世界中でタバコが値上がりしています。各国の政府が、喫煙者数を減らして国民の健康を守るために、税金をかけてタバコ代を高くしているからです。

日本のタバコも、どんどん値上がりしています。今年6月に、マルボロなど9銘柄がそれぞれ10円ずつ値上がりし、来年4月以降はわかばなど国産6銘柄も3年間で1箱最大130円ほど値上げされる予定です。そうなると喫煙者の負担は、現在より年間10万円近く高い、約28万円となります。

こんなにタバコ代がかかるなんておかしいと思いますか? いいえ、実は日本のタバコは海外と比べるとそれほど高くないのです!

その根拠として、『Insider Monkey』で取り上げられた、タバコ代の高い国トップ10をご紹介します。

ランキングからは、単にタバコ代の問題だけでなく、タバコそのものの未来も見えてくるかもしれません。

■10位:スウェーデン タバコ1箱あたり平均8.15ドル(約1,002円)

スウェーデンでは高品質の無煙タバコが推奨されているものの、値段は上がりつづける一方です。さらに、タバコそのものを全面的に国内で禁止するべきかどうかも、激しい議論の的になっています。そのため、小売業者はタバコ禁止法に備えて、タバコの在庫をあまり抱えないようにしているそうです。

■9位:パプアニューギニア タバコ1箱あたり平均8.23ドル(約1,012円)

パプアニューギニアでは、長年にわたり、タバコ製品の質が下がってきています。以前にくらべて質の悪いタバコを吸えば、病気に罹るリスクも高くなるため、政府はタバコの値上げによって、喫煙者を減らし国民の健康を守ろうとしています。

■8位:スイス タバコ1箱あたり平均8.77ドル(約1,078円)

スイス政府の取り組みにより、喫煙者の数は減ってきています。政府は広く禁煙するよう呼びかけ、公共の場所での喫煙を禁止しました。それに加えて、タバコ税を上げ価格を上昇させることで、タバコを喫煙者の手に入りにくいものにしました。スイスがかつて世界一喫煙者の多い国だったことは、いまとなれば嘘のような話です。

■7位:フランス タバコ1箱あたり平均8.83ドル(約1,086円)

フランスでは、ほぼ毎年タバコが値上げされています。にも関わらず、喫煙者数はあまり減らず、いまもカフェで喫煙する人を多く見かけます。値上げに抗議する人たちも出てきているあたり、喫煙者がももっとも手ごわい国といえるでしょう。

■6位:カナダ タバコ1箱あたり平均9.26ドル(約1,138円)

カナダの喫煙者は高い税金によって、タバコをやめるようにかなりの圧力をかけられています。なにしろアメリカの倍の値段です。さらに、オンタリオ州ではタバコを1箱単位で買うと、単価がかなり高くなります。安くタバコを買うためには、いちいち1本ずつ買わなければいけないわけです。こうした取り組みは喫煙をやめさせるためのものですが、かなりの手厳しさを感じます。

■5位:アイスランド タバコ1箱あたり平均9.51ドル(約1,169円)

アイスランドでは値段の高さに加え、規制も強化されています。タバコを買うには、18才以上であることを証明するために、身分証明書の提示が義務づけられているのです。また、認可された小売店でしかタバコを買うことはできませんし、自動販売機もありません。

■4位:イギリス タバコ1箱あたり平均12.25ドル(約1,506円)

国内でのタバコの値段があまりにも高いので、国外で買おうとする人や密輸品に手を出す人が多くなっています。ここ1年以内で40%もの値上げが行われました。また、喫煙リスクを警告する病気の画像などがついたノーブランドのタバコを製造するかどうかで議論がなされています。

■3位:ノルウェー タバコ1箱あたり平均14.48ドル(約1,781円)

ノルウェーは、もともとタバコの消費量が多い国ではありません。それなのに、世界でも有数のタバコの値段が高い国となっています。1日1箱吸おうとしたら、なんと、1年で5500ドル(676,500円)かかります。

■2位:ニュージーランド タバコ1箱あたり平均14.67ドル(約1,804円)

ニュージーランドでは、タバコ税が上昇しつづけています。タバコ税は、昨年10%上がり、この3年では計40%も上がりました。現在は、あまりのタバコの高さに多くの人が喫煙をやめるようになっています。

■1位:オーストラリア タバコ1箱あたり平均16.11ドル(約1,981円)

オーストラリアでは、タバコの値段があまりにも高く、1本1ドル(約123円)にまで上昇しようとしています。タバコ税は上がり続け、政府は国内の数十万の喫煙者が喫煙をやめてくれることを期待しています。

タバコが一番高いオーストラリアで、1箱が2,000円近いとは驚きです。

それでは日本のタバコは、いったいどこまで値上がりをつづけるのでしょう?

世界保健機関(WHO)は、タバコによる健康被害を防ごうと、さまざまな取り組みをしてきました。WHOによると、タバコ税を引き上げることで、喫煙者の数は減り、若者の喫煙開始を防げるというデータができているそうです。

こうした現状を考えると、将来的には、日本のタバコも1箱1,000円程度までは値上がりする可能性があります。

いまの世界情勢からすると、タバコ消費の削減はもちろんのこと、タバコのない社会を目指す政策が世界的に展開される日もそう遠くはないかもしれません。

(文/和洲太郎)

 

【参考】

10most expensive countries to buy cigarettes in the world ―Insider monkey

 

 引用 

日本のタバコ代は安い方?世界で最もタバコ代が高い国トップ10-Suzie(スージー)

 

1位のオーストラリアはなんとひと箱2千円!!!

日本では、だいたい400円くらい?なので5倍も値段差がありますね

好きな人の気持ちが分からなくて、偏った意見なのかもしれないけど、

日本ももう少し値上がりして、たばこをやめる人が出てくれればなあ

直井慶喜