naoiyoshinobuの日記

直井慶喜の初ブログ日記

絶対に行けない。世界の危険な道路 直井慶喜

こんにちは、直井慶喜です。

みなさん、世界には行きたい場所があっても、

そこへ行くには、危険が伴う道路が存在するんです。

本日は、一歩間違えれば、超危険!な道路を紹介します。

5. ハナ方面道路(ハワイ、マウイ島

1_e23

 本ランキングでは最も安全な道路だろうが、だからといって世界有数の危険な道路ではないということではない。カフルイ-ハナ間を結ぶ約100kmの峠道は、海抜1400mの地点でうねりまくっており、しかも多くの区間で両脇にほとんどスペースがないようなタイトな道路が続いている。全部で620ヶ所のコーナーがあり、そのほとんどがヘアピンカーブだ。


Maui: The Road to Hana Timelapse

 路面は滑りやすく、ガードレールはほとんどない。誤って谷底へ落ちればほぼ助からないだろう。それにもかかわらず、観光向けの交通はかなり多い。しかも周囲の景色が実に美しく、脇見運転を誘発する危険な罠となる。


4. 太魯閣道路(台湾)

2_e18

 ハナ方面道路と同じく、美しくもこの世で最も危険な道路の一つだ。山間部を縫うように走るタイトな道路は、車1台分の幅しかない。すわなち、対向車に鉢合わせようものなら、突然チキンレースが始まるということだ。また、見通しの悪いコーナーも満載で、毎年多くの衝突事故が起きている。


Taroko Gorge, Taiwan

 さらに天候も危険度に寄与する。台風が来るたびに道路は浸水し、路面が非常に滑りやすくなる。立ち往生する車もあるほどだ。それだけではない。地滑りや落石も頻発し、毎年のように死傷者が出ている。なんとも楽しそうだ。


3. カブール-ジャラーラーバード間1号線(アフガニスタン

3_e18

 標高600mの地点まで登りつめる80kmの区間では、あまりにも死傷者が多いために累計をやめてしまった。死亡事故の主な要因は、狭いうえに、見通しの悪いアップダウンやコーナーが満載であることと、無謀運転になれてしまったアフガニスタン人ドライバーが速度超過を起こすことだ。


 Kabul to Jalalabad

 粗雑なセメントのガードレールしかないことを考えれば、ここを走ることはあまり賢い選択とはいえないだろう。


2. フェアリー・メドウズ道路(パキスタン

4_e17

 世界で9番目に高いナンガ・パルバット山の標高2400m目掛けて伸びる道路である。道路とはいっても実際は砂と瓦礫だらけの未舗装のダートだ。わずか9.6kmの区間は、地元民が数百年前に崖を切り崩して造って以来、整備されたことはない。


Most Dangerous 4WD Track in the World (Raikot to Fairy Meadows) Pakistan.

 道路全般は足場の悪い砂利で、ガードレールの類は一切なく、一部徒歩か自転車でしか通行することができない区間もある。車幅は標準的なジープ・ラングラー1台分でしかないが、交通量は多い。一度ヘマをすれば、長い長い落下が待っている。


1. 死の道路(ボリビア、ユンガス)

5_e16

 ここで紹介したどの道路も危険極まりない場所だが、ユンガスの道に比べれば赤子のようなものだ。死の道路という異名が付けれたことにももっともな理由がある。区画は全て砂利道で、ガードレールなど一切ない64kmの道を3600mまで登っていく。

 また、気候も危険さに拍車をかける。この辺りは大抵霧に包まれているうえ、突然豪雨や地滑りに見舞われることもある。ボリビアの首都ラパスと熱帯雨林を結ぶルートが他に存在しないため(2006年に北へ迂回する国道3号線が完成している)、毎日数百人がここを通行している。車2台がすれ違うには狭すぎるため、ギリギリまで車を寄せて無理やり通過するか、広い場所まで後退しなくてはならない。いずれにしても落ちれば死は免れないだろう。


Bolivia's Death Road - Top Gear - Series 14 - BBC

 その危険さを身を持って体験するために、イリギスの自動車番組『トップ・ギア』で死の道路のドライブを実施したことがある。すれ違うために、崖のギリギリ数センチまで車を寄せたシーンは、まさに緊張感溢れる瞬間であった。

via:bmwblog・原文翻訳:hiroching 

 引用 

世界で最も危険な道路ベスト5 : カラパイア

 

どうですか?

写真を見ただけでもヒヤっとする道路ばかりですよね。

動画なんて怖くて見れません!!!w

この先にどんな絶景が待っていようと、

僕は行きたくないですねwww

家族や大切な人がいるのであれば別の話ですが。。。

直井慶喜